So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

●冬の蝶 [生命]

水滴Dec409.jpeg

11月とは思えないような小春日和が一転,12月の最初の週の中日
3日木曜日には冷た氷雨がぱらついていた.しかし翌4日には青空が
戻りまたもや穏やかな陽射しである.それでも,工房の窓から
見る松林の下はぽっかりと洞窟のように暗く,落葉を落としてやせ細った
コナラ林の先には,もはや命の気配というものがぴくりとも動こうとしない.

      ”冬か・・・”

天空に目をやると薄い雲が絶え間なく形を変え,冷えた大気の中に
ちぎれては消えて行く.ひたすら微動だにせず弱い陽光を吸って緩慢な
死の道行きをうごめいていたカマキリ達の姿もいつのまにか消えてしまった.
多くの生き物ははや安息の時を迎えたのだろうか.

コナラDec409.jpeg

  風に舞う落葉は,無数の木々が冬を乗り切るため
   自から身体の一部を切り捨てる自殺装置だ.
葉の付根では大量の死が一時に生産され
 用済みの枯葉は容赦なく切り捨てられていく.
合理的と言えば聞こえは良いが自然は非情なのだ.

コナラ林Dec409.jpeg

その時何かがひらひらと舞踊るのが見えた.
”トンボ・・・いや確か蝶のような・・”
あわてて目をこらすと青い筋状の紋が目に飛び込んできた.
ルリタテハだ!脅かさないようそっと近づいたが,
2,3度旋回してその優雅な姿はあっというまに森に消えてしまった.

ルリタテハ1.jpeg
盛夏のコナラの樹液を求めて集まったルリタテハとカナブン

思いがけず目にした美しい冬の蝶,
それは多様な蝶の越冬形態を知らなければ
 どこかあるべき時と場所から浮きあがった存在として
無知が持つ独特の冷笑を浴びたかもしれない.
場違いとか,季節外れとか・・・・
大多数の人間にとって,大多数の価値観や傾向からはずれること,
 それは何であれ,許しがたい逸脱行為なのだ.
人間にひきつけて言えばもっと激しく不快な表現となるのだろう.
老残をさらすこと,そこに多くの安堵と憐憫のよりどころが有るとか.

朽木Dec409.jpeg
 
nice!(6)  コメント(6) 

生物のデザインと和のデザイン [生命]


団子セット.jpg
稲の束.jpg
gカナブン.jpg
カラスアゲハ.jpg
ブルーベリー.jpg

長年馴染んできた朱塗りの椀,南部の鉄瓶,正月の松飾,神棚,水引,障子・・等の
デザインはどこから来たのだろうか. これを和のデザインの典型と見るかどうかは,
賑々しい神輿の装飾を見ると,過剰なるものを極限にまでそぎ落とした減算の美に
統一するのもいささか単純すぎるようにも思える.しかし,単純さの追求において”和”
のデザインが世界でも極めて突出した位置を占めていることは確かであろう.
 生物の形態の中にはあたかも和のデザインの根底を流れる思想と共振するかのような
究極的機能美に驚かされる時が有る.カナブンの流麗な曲線などは工業デザインの
見果てぬ夢そのもので,深いエメラルド色に燃える姿に今年の夏は何度も魅せられた.
機能美と不用意に言ったが,デザインとの対比で考えれば美は明らかに機能から
はみ出る過剰なものでもある.変異と自然選択という生物進化の理論がデザインを
あますことなく説明できるのだろうか.悠然と羽根を休めている黒一色のカラスアゲハ,
その姿を特徴付ける総てが選択で磨かれた機能と無理に主張しようとすれば,妙な
こじつけが山ほど必要になる.ラズベリーの実が色づいてゆっくりと風に揺れている.

曲は本当は月と花とキツネをイメージしたもの,
          今回は写真がちょっとしっくりしないかもしれない.
nice!(24)  コメント(18) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。